カテゴリー
例会報告

第3回例会 戸面原ダム

【日時】2024年3月27日

【本部】戸面原ダムボートセンター

【参加】41名

【天候】晴れ

 

【概況】前日の雨で-30cmの減水から満水に回復し、ニゴリが入り本湖のカケ上がりの底釣りで記録的な釣果が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上郷方面は、 前日の雨により強い濁りが入った。

 

 梅の木突端の吉本亜土

 宇藤木橋を過ぎた辺りから濁りが強くなった。

 杉林の中村勝雄

 杉林の佐野龍一

 

 キャンプ場下の高野順行

 ブイ横の鈴木清。本湖は濁りが薄く感じる。

 観音下の宮崎竜行

 桟橋の中澤知歌美

 石田島の石井旭舟顧問と小林正敏

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 高山 政弘

釣果 68.100kg


【場所】鎌の鼻
【竿】19尺
【タナ】バランス底
【浮子】旭舟技8番
【道糸】1.2号
【ハリス】
(上)0.6号50cm
(下)0.6号62cm
【鈎】
(上下)バラサ5号

【エサ】
芯華180+わたグル50+水150+マッハで調整
(クワセ)いもグル、わたグル

コメント
前日、火曜日の大雨で濁りが入り魚は浅場に移動してしまうんじゃないかなぁと不安要素はあった。
翌日、例会日はやはり上流部には濁りが入ったらしく、私が狙っている本湖”鎌の鼻”ポイントにはまだそれほど濁りはなく前日、調子良かった18尺を継ぐ。しかし底に届かず、19尺に変更。やはり水位が一尺程増水した感じ。
朝から強い左右の風や向かい風がふき、結構流れがきつく、1日厳しい釣りになるなと感じていたが、15分位で強い『チクッ!』と入り1枚目、先ずは安心。
2〜3枚位は4枚キロ位のサイズで今日は大型が浅場に移動してしまったのかなぁと思っていたら、次第に前々日から釣れていた大型ヘラが顔を出す。
このポイントは極端なかけ上がりがきつく底の形状変化に魚が居着条件か?
向かい風の時には手前に浮きが流れて食い上げアタリが出る!左右の流れの時には、ほとんどがエサが着底した時の『チクッ!』と入るアタリでのる!ハリス段差はつけたほうが良かったが、あまり段差を付けるとスレアタリが多く、バラして後ろの木に引っ掛け2回も仕掛けを取られた。
12㌢位の段差が、ダブルも有り良かった。
待ち釣りではアタリが出なかった。
午前中はグルテンセットで釣っていたが、風流れが弱い時は、両ダンゴが良くアタリ、より大型が釣れた。
かけ上がりがきつい底の為、三節なじみ位にタナを調整。
時間10枚〜12枚ペースで大型が釣れる。
お昼頃からは本湖方面にも濁りが入る。三フラシ目を交換。平均500〜600gの型で
時々700g位の型も混じる。
結果的に112枚で納竿。

桶を3個しか持って行かなかッた為、魚が入るか不安。上流に行った会員さんが近くを通り、1つ借りることが出来て感謝します。
自分の釣り人生の中でも、これだけの大型が一束以上も釣れ、野釣り専門の《関東へら鮒釣り研究会》の例会で68㌔の釣果を出せたのは、誠に光栄であり、感謝です。
更に精進して頑張って参ります。ありがとうございました。

 

準優勝 宇田川 盛晃

釣果65.200kg

 

【場所】井戸裏
【竿】17尺
【タナ】バランス底
【浮子】クルージャン7番
【道糸】1.2号
【ハリス】
(上)0.8号40cm
(下)0.8号52cm
【鈎】
(上下)バラサ6号

昨日の雨と水温低下で早朝活性低くく芯華単品の両ダンゴではカラツンが多く1段階軽め、芯華とワタグルのグルダンゴにすると若干の改善。
しかし9:30過ぎると更にシビアになり両グルテンの軽さでゆっくり落としてアピールし追わせて、軽さで仕留める釣りでないとなかなか仕留められない、けれども底の餌切れをしてしまうと魚が居なくなってしまう、なので適時、バラけず塊で底に残る芯華単品の置きバラけを挟む、アタリは本湖は北風吹き抜けだったのでシモッテ当たりがボヤける前の餌落ち近辺馴染み際の押さえるアタリを取っていきした。
1kgクラスの地ベラ相手に痺れる釣りでした。

準優勝 宇田川 盛晃

釣果65.200kg

 

【場所】井戸裏
【竿】17尺
【タナ】バランス底
【浮子】クルージャン7番
【道糸】1.2号
【ハリス】
(上)0.8号40cm
(下)0.8号52cm
【鈎】
(上下)バラサ6号

【エサ】
芯華60+わたグル20+水51+
(クワセ)ダントツ

 

昨日の雨と水温低下で早朝活性低くく芯華単品の両ダンゴではカラツンが多く1段階軽め、芯華とワタグルのグルダンゴにすると若干の改善。
しかし9:30過ぎると更にシビアになり両グルテンの軽さでゆっくり落としてアピールし追わせて、軽さで仕留める釣りでないとなかなか仕留められない、けれども底の餌切れをしてしまうと魚が居なくなってしまう、なので適時、バラけず塊で底に残る芯華単品の置きバラけを挟む、アタリは本湖は北風吹き抜けだったのでシモッテ当たりがボヤける前の餌落ち近辺馴染み際の押さえるアタリを取っていきした。
1kgクラスの地ベラ相手に痺れる釣りでした。

 

 

 

3位 鈴木清

釣果43.00kg

【場所】ブイ横
【竿】18尺
【タナ】バランス底
【浮子】旭舟技8番
【道糸】1号
【ハリス】
(上)0.8号45cm
(下)0.8号55cm
【鈎】
(上下)サスケ6号

【エサ】
芯華+わたグル
(クワセ)α21+わたグル

【エサ】
芯華180+わたグル50+水150のグルダンゴ

 【コメント】

枚数63枚

 

 

 

 

 

 

 

【4位】 加藤晶裕 42.4kg  中島岬
【5位】 戸張正男 37.6kg  トンネルワンド
【6位】 染谷剛 36.7kg  杉林
【7位】 宮崎竜行 35.6kg  観音下
【8位】 中澤知歌美 31.1kg  桟橋
【9位】 戸張誠 30.9kg  落合
【10位】 大下貢 27.2kg  向田竹藪

【大型】磯部 勝 45.0cm

 

 

 

 

順位 名前 重量 順位 名前 重量
1位 高山政弘 68.100 26位 吉本亜土 16.500
2位 鈴木 清 43.000 27位 井上 昇 13.600
3位 加藤晶裕 42.400 28位 高野順行 12.800
4位 戸張正男 37.600 29位 大関 実 12.600
5位 染谷 剛 36.700 30位 髙橋直也 10.500
6位 宮崎竜行 35.600 31位 新井美孝 10.200
7位 中澤知歌美 31.000 32位 福田二郎 9.500
8位 戸張 誠 30.900 33位 町田廣光 7.000
9位 大下 貢 27.200 34位 山本和夫 6.500
10位 津久井聖市 26.700 35位 野村英利 6.500
11位 佐々木輝雄 26.600 36位 片野政雄 4.000
12位 磯部 勝 26.400 37位 池田貢三 0.000
13位 石下貴之 26.400      
14位 中村勝雄 25.900      
15位 佐野龍一 25.500      
16位 大塚真一 24.500      
17位 中澤 岳 24.000      
18位 篠原 昇 23.800      
19位 河野一機 23.000      
20位 石下博末 22.900      
21位 後藤隆夫 22.200      
22位 小林正敏 20.800      
23位 関口和也 20.000 横綱 西田 一知  
24位 松浦庸貴 20.000 横綱 幸田 栄一  
25位 山根一郎 17.800 横綱 石井 旭舟  

年間総合へ